子供なりに悩んでいる、小学生からの脱毛について

子供でも脱毛できる神戸にある優しい脱毛が話題のキッズ脱毛サロン

毛のことで悩んでいる子供って結構いると思います。

毛深さへの悩みは、親にも言いにくい・・・。

人間の体毛の量は、およそ500万本と言われています。

しかしこの毛の密度や毛の太さは、個人差が非常に大きく、生まれてくる時にお母さんのお腹の中で決まってしまいます。

この毛の濃さは、おしゃれに興味が出てくる前にも「人と違う」という目に見える差として、時にいじめの対象になることも。

本人も親にも言えずに我慢していたり、1人で悩んでいたりすることもあります。

こうした時に、親としては少しでも本人の悩みを取り除いてあげたいものです。

近年は「光脱毛」など、様々な脱毛方法がありますが、小学生からやっても大丈夫なのでしょうか。

小学生から脱毛のメリットとデメリット

脱毛を小学生からすることには、いくつかのメリットがあります。

・コンプレックスを解消して悩みを解決する手助けになる。


・黒ずみ、かみそり負けなどトラブルを未然に防ぐ。

まず何よりのメリットは、脱毛することで毛深さが少しでも薄くなることです。

まだ小学生だと、殆どの子は二次性徴も無く、毛深さとは無縁のつるつるすべすべの素肌を持っていることが殆ど。

プールの授業や、夏場の半袖の時期には、特に気になってしまうでしょう。

両腕や顔周りなど、本人の気になるところが少しでも解消されれば、コンプレックスを解消していく手助けになります。

また、光脱毛など、脱毛エステで受けられるものは肌に優しく、自己処理より肌が綺麗な状態を保ちやすいのが特徴です。

かみそりで剃ると、その部分だけ黒ずみが出来てしまったり、折角剃ってもかみそり負けをして怪我をしてしまいます。

それに自分では剃れない背中の部分や、太ももの裏など、気になって何度も手入れするうちに、肌を痛めてしまう可能性が高いのです。

その子の性格によっては、たとえ親でも背中などを剃ってもらうことに、強い抵抗感を感じることもあります。

本人の精神的な負担になりにくい、という意味でも、脱毛サロンのプロにお任せすることはメリットがあると言えます。

親に言いにくいことでも、一緒に脱毛のことを考えてくれるプロに接することで、悩みを口にしやすくなるかもしれません。

一方で、小学生から脱毛することには、大人とはまた違うデメリットがあります。

毛の量、毛の周期が安定していないと、正しい脱毛効果が得られない可能性。

毛には一定の周期で生え変わるという特徴がありますが、小学生のうちはまだこの周期が安定していません。

なので、一度脱毛をしても、再び生えてくる周期になるとより濃い状態で生えてしまったり、全く脱毛の効果がなくなる可能性があります。

一度の脱毛でも、それなりに金額がかかることが多い「光脱毛」など、脱毛エステを何度も利用することに、親の経済的な負担を考えて遠慮してしまう子供もいます。

私も中学生の頃、親にお金を出してもらって脱毛エステに通っていたのですが、途中で知った代金にびっくり。

かなり毛深い方だったので繰り返し行く必要があり、あまりの金額の高さに自分から行くことを止めてしまったことがありました。

<まとめ>

小学生から脱毛をすることは、自己処理をするよりも肌トラブルなく、綺麗でつるつるな肌を手に入れることが出来ます。

むやみにかみそりや脱毛クリームで肌を痛めるよりは、断然におすすめです。

実際に脱毛効果はあるのか

デメリットで、成長途中にある子供には脱毛の効果が薄いかもしれない、という点を上げました。

子供の脱毛効果については、大人と同様で個人差があります。

そして、成長途中であるがために、永久脱毛をしても再び生えてくる可能性が大人より非常に高いのです。

ですが本人にとっては大きな悩みだとしたら、永久脱毛をするというのも、方法の一つです。

この時には、また生えてくる可能性があることを覚悟したうえで行うことが大切です。

成長してくる過程で生えてくるのは、誰でもあることだということ。

そして悩むことは恥ずかしいことではなく、何時相談しても大丈夫であることを、しっかり伝えたうえで実施していくことで、もしまた生えてきたとしても一人で悩んだり対処せずに、親に相談しやすくなるかと思います。

小学生のお子さんにおすすめ神戸の脱毛サロン

脱毛をするときには、子供向けの脱毛サロンを利用することをおすすめします。

自分で処理するより肌が綺麗に保て、肌トラブルが少ないのが最大の理由です。

水泳の時に気になりやすい脇の毛は、自分で処理しやすい位置でもあるので、ついついカミソリなどで剃ってしまう子が多いです。

しかし後々になって、肌の黒ずみや毛の埋没など、トラブルが多く発生します。

蒸れやすく、かみそり負けで炎症を起こしやすい位置なので、衛生面でも心配です。

その点、脱毛サロンの多くでは肌に優しい「光脱毛」を行ってくれるので、肌も綺麗なまま脱毛をすることが出来ます。

ディオーネ


3歳からの脱毛、を謳っているだけあり、とても低刺激で痛みの少ないのが特徴です。

開発者が当時小学生だった我が子の為に作っただけあって、光線を当てられている間もただただ温かいだけなのは、恐怖心を抱きやすい子にもおすすめできます。

1か月ごとに通えるので、早く脱毛したい子にもおすすめです。

家庭用でも脱毛できる、家庭用脱毛器とは

女性ユーザー300×250
脱毛サロンに通っていることを知られるのが怖い、サロンに通うにはお金がかかり過ぎる。

といった悩みを解決してくれるのが、家庭用脱毛器です。

何よりのメリットは、自宅で行えるので人に脱毛していることを知られる心配がなく、サロンに長期間通うよりは金額的に安いと言えます。

また家族中で使えるので、コストパフォーマンスの面から見ても人気が高いのが頷けます。

中でも一番売れている家庭用脱毛器は「ケノン」という製品です。

価格はおおよそ7万円台で、光光線を当てて脱毛する「光脱毛」を行うことが出来ます。

およそ100万回照射でき、カートリッジを交換しつつ使えるので、長期間使えるのも魅力。

悪い口コミが殆どなく、出し入れが面倒でお手入れをし忘れてしまう、なんていう口コミがある程度なので、効果も期待できる製品です。

実際に脱毛してどうだったのか

脱毛に関するサイトから、実際に小学生の脱毛をした方の口コミをまとめてみました。

上の子は小学校6年生で、バレエに通っています。

発表会も近くなると、毎日のように処理に追われていましたが、友人の勧めで脱毛エステに行ったことで毎日処理しなくても大丈夫になりました。

また生えてくるとはいえ、むやみに肌を痛めなくていいのが嬉しいです。

電動シェーバーで顔の髭剃りをしていましたが、段々濃くなってきたので脱毛エステに行くようになりました。

また濃くなってくる可能性はあるものの、今のところは綺麗なままで、娘も大喜びしています。

夏になってから、体育に出たがらない娘。

私のかみそりを使ってお風呂場でこっそり腕のムダ毛処理をしていたようで、腕に切り傷があるのを発見してやっと気が付きました。

もっと早く気づいてあげればよかった、と後悔しています。

まとめ

たった1人の子に、毛深いことについて言われただけでも、とても気にしてしまうのが小学生の頃です。

そのまま親に言いにくい悩みになってしまう前に、ムダ毛は悪いものではない事、処理が必要そうなら一緒に考えることで、子供の悩みを軽くすることができます。

子供の意志を無視しないように、お互いにしっかり話し合いながら、出来るだけ自然に安全な処理方法を伝えていけるといいですね。

こちらの記事も読まれています

更新日:

神戸で人気の全身脱毛おすすめランキング

Copyright© 神戸で全身脱毛!口コミで人気の7社徹底比較 , 2018 All Rights Reserved.